FC2ブログ

Asche Weg _Zwei

Permanent LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

Fate / 幕末奇譚



 Fate SS / 幕末奇譚


 Fate×るろうに剣心のSS。
 詳しい設定とか知らん(ぇ
 プロットなし。設定なし。ただの思い付き電波。



 しかも、これは未完全で試作型プロトタイプです。
 それでも宜しければどうぞ。












 冬の夜風は、肌を突き刺すように痛くて、とても冷たい。
 “アイツ”がいる教会に足を運び、戦争の参加申し出を済ませてきた帰り。
 風を遮る壁がない橋の上で、私と“彼”は歩いて岐路に着こうとしていた。

「………まさか、私よりも劣る衛宮くんがセイバーを召喚しただなんて」

 これは割とショックだ。
 思わず、手の掌を額に当て“その事だけ”を忘れようとする。
 ……ちなみに、これはもう五度目。

「あのさ、遠坂。そういうことは本人を眼の前にして言うことじゃないと思う」
「……そうね。失言だったわね」

 一応謝っておく。
 本当はこれっぽっちも謝罪の意思なんてないけど。
 にしても、何で魔術師としての才能がないこんな男にセイバーが……。
 というか、何で今回呼び出されたセイバーが、

「拙者は別にシロウでも構わないでござるよ。
 凛殿のような好戦的な主より、平和的なシロウのほうが拙者と合うでござるし」

 やる気零の剣士なのよっ!?
 しかも、こんな上背もないひょろひょろした優男が、あの〝人斬り抜刀斎〟なんて……。

 ――――人斬り抜刀斎。
 正しくは、緋村剣心。
 左頬に十字傷。手に持つは逆刃刀。
 第十四代飛天御剣流の継承者で、数多の人を惨殺した殺人者。
 以上、説明終わり。

 彼が生きていた頃。
 政府の決め事に従わない者や謀反者に対して、彼は剣を振るったと言われている。
 政治を滞りなく進めるには邪魔となる者を排除しなければならない。
 そう言った標的を抹殺するために、彼の元に一通の黒い手紙が届く。
 古伝曰く「黒い手紙が血の雨を届ける」とのこと。

「そういえば、遠坂のサーヴァント大丈夫か?」
「あれくらい何てことないわ―――て言いたいところだけど、
 残念ながら今は具現化しても本来の力の五割も出せないでしょうね」

 私のサーヴァント、アーチャーは今は回復に専念させている。
 セイバーの一太刀で致命的とは言わないけど、相当深手を負ってしまった。
 …………全く、私って何て運がないんだろ。
 サーヴァント召喚の際に、遅れていた時計の針を直してなかったり。
 その所為で、セイバーを召喚するはずが、何故かアーチャーを呼んでしまったし。
 しかも、召喚が粗かったのか、サーヴァントの記憶が抜けているようだし。

「…………ならさ」
「ん?」
「遠坂のサーヴァントが回復するまでは俺が他のサーヴァントから守ってやるよ」
「――――――――――………………はァ!?」

 言葉を耳にした時間、コンマ一秒。
 言葉を整理した時間、十秒。
 言葉を理解した時間、八秒。

 …………………意味不明。
 何が言いたいのかは理解出来たけど、何がどうなってそういう結論に達したのかは理解不能。
 衛宮くんってば、変な食べ物でも食べた?
 それとも、聖杯戦争というコトを理解するために、頭のネジが外れたとか?
 普通では絶対にありえないことを、彼は今言ってのけた。

 ――――敵の兵が回復するまで守る。

 彼はそう言った………のよね。
 絶対に神経がイカれてるとしか思えない。






 ~中略~






 魔力が肌を突き刺す。
 見下ろす位置に居る“彼女”が言った言葉は、酷く胸を締め付ける。
 寒気すら感じる頭は、実際の外気温度が下がったからじゃない。
 咽喉が、声が、小刻みに震えた。

「………………い……今、何…て」
「あら、聞こえなかったかしら。なら、もう一度言ってあげるわ―――“リン”」

 リン、と少女に通じる彼女は誇らしげに復唱した。
 悔しいけど、この魔力は間違いない。

「……私の名前は、イリヤ。貴方にはこう言ったほうが分かり易いかしら…?
 ――――――イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」

 アインツベルン。
 それって………あの……アインツベルン…………よ、ね?
 人形みたいに小さくて可愛らしい少女―――にしか見えない生意気な、

「……久しぶり、お兄ちゃん」
「キミは、この前の………」

 衛宮くんはアインツベルンの少女と知り合い……なの?
 彼女、イリヤスフィールと。
 …………でも、何でお兄ちゃん…???






 ~中略~






 疾風だ。
 熱気を孕んだ風が突き抜ける。

「―――凛殿ッ! 下がっているでござる」

 セイバーが衛宮くんを離れ、私を狙ってきた“バーサーカー”の前に立つ。
 砂が舞い、風が鳴り、音が響いたことから、二人の中間で何かしらの衝撃があったのは確か。

 でも―――日本刀を持つバーサーカー・・・・・・・・・・・・なんて該当する人いたかしら。

 武器だけなら、“彼”もセイバーとしての器になりえる。
 そう思っても全く違和感ないだろう。

「ク………フハハハァッ……、自分のマスターじゃねェ奴を護ろうだなんて、やっぱテメェは甘ちゃんだ」
「御主……拙者のことを知っているのか?」

 バーサーカーが自我を持っているっ!?
 そんな、バカなっ!?

 鞘から抜刀したバーサーカーの刀は、地面から浮き上がるように砂埃を巻き上げる。
 でも、セイバーはそんな胸元に伸びてくる刀を自分の鞘で防ぐ。
 そこから左手でバーサーカーの頬を殴りつけた。
 被っていた木笠が地面に落ちて、バーサーカーの素顔が露になるけど、セイバーの表情は至って変化がない。
 その顔に見覚えがあるわけでもない、そんな表情。

「莫迦は死んでも治らねェってのはテメェのためにある言葉のようだな―――抜刀斎」
「クッ……もしや御主は拙者と同時代に生きた幕末の、」

 近距離でバーサーカーは刀の切っ先を自分の鞘に滑らせる。
 途端、嫌な臭いが鼻を付いた。

「…………ヘッ、今度こそ殺してやるよ」

 炎が舞い上がる。
 魔術なんて使った形跡もないのに、普通の刀から炎が生まれる。

「御主ッ!? その顔で分からなかったが、まさか―――」

 炎が鋭い弧を描いて、セイバーを襲う。
 斬った瞬間、その傷口を焼く効果を持つ同時攻撃。

「今回は時間無制限で殺り合おうじゃねェか」

 …………間違いない。
 私の読んだ文書によれば、このバーサーカーという男の生前の名は―――




「「――――――志々雄真実」」








「所詮この世は弱肉強食の理から逃れることなんかできねェんだよ」

 体の不具合もなくなり、まさに無敵の肉体を手に入れた残虐非道の男。
 ―――志々雄真実。



「あの日の紙一重の差をどれだけ縮めることが出来たのか、勝負しろ抜刀斎」

 二度の勝負も紙一重の差だった男との勝負に拘り続けた冷静寡黙の男。
 ―――四乃森蒼紫。



「俺がいつの時代も従うのは唯一つの言葉に過ぎん。たった三文字のために行動する」

 自分の技に執念すら感じるほどの信念を持ち、抜刀斎と勝ちも負けも経験したことがない永遠の宿敵の男。
 ―――斎藤一。



「ふんッ、テメェにこのオレの背中の文字を背負うことができンのかよ」

 御仏から教えを受けた技で、日々弱き者の支えとなった悪と言う名の正義を振り翳す男。
 ―――相楽左之助。








スポンサーサイト

2006/01/05   試作     トラックバック-0   コメント-0

Comment


P.W.   Secret  

Trackback

http://irene.blog20.fc2.com/tb.php/3-8793af91

FC2Ad

HISTORY

■■ comment ■■

■■ trackback ■■


Recent Comments

11/06  T.T>>Kanon / 聖剣戦争
06/21  Paris Medina>>Fate / 鏡月下
06/19  Kate Soto>>Fate / 鏡月下
06/15  Misty Burks>>Fate / 鏡月下
06/13  Shawn Knox>>Fate / 鏡月下
06/12  Whitney Shepherd>>Fate / 鏡月下
06/07  Kelly Gill>>Fate / 鏡月下

Back to INDEX

Recent Trackbacks

Back to INDEX

Categories

短編   ( 4 Entries )
試作   ( 2 Entries )
投稿 / Mercenary Room   ( 3 Entries )
投稿 / type A   ( 12 Entries )
投稿 / 流水月下   ( 2 Entries )
投稿 / 問答無用で四捨五入   ( 2 Entries )
投稿 / その他   ( 1 Entries )
やり込み   ( 1 Entries )

Back to INDEX

Archives

2006年 07月    ( 1 Entries )
2006年 06月    ( 1 Entries )
2006年 05月    ( 1 Entries )
2006年 04月    ( 1 Entries )
2006年 03月    ( 1 Entries )
2006年 01月    ( 2 Entries )
2005年 12月    ( 1 Entries )
2005年 09月    ( 1 Entries )
2005年 07月    ( 2 Entries )
2005年 05月    ( 1 Entries )
2005年 04月    ( 3 Entries )
2005年 03月    ( 4 Entries )
2005年 02月    ( 1 Entries )
2005年 01月    ( 1 Entries )
2004年 12月    ( 1 Entries )
2004年 10月    ( 1 Entries )
2004年 07月    ( 1 Entries )
2004年 05月    ( 2 Entries )
2004年 04月    ( 1 Entries )

Back to INDEX

LINK

DIVE DEEP (Diary Blog)
RSS Feed (RSS 1.0)

Back to INDEX

Admin:Author

琉海

琉海@SS作家見習い

遺物

Back to INDEX

Plugin

Back to INDEX

.

D'sCo Free Source

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。